端っこの席に座るとメンタルに良い!?

心理記事
FineGraphicsさん

こんにちは、心理カウンセラーの西本(@masacounselor)です。

 電車や飛行機、映画館などの座席は端っこが一番人気です。

なので、多くの人は座席の端が空いていると一目散に歩を進めます。

時には席の取り合いになったり、座っているとプレッシャーを受けることもあるかもしれません。

そこまでして座りたい理由は、多くは心理的な理由が考えられます。


この記事では、座席の心理学について解説し、電車でのトラブルを回避し、移動でモチベーションを高めるきっかけになれば幸いです。

端っこが好きな理由は「人との距離」

 人々が端の席を好む心理は、真ん中に座るだけでストレスを感じるからです。

これを聞いただけでも多くの人は頷けるのではないでしょうか。


このストレスの原因は「パーソナル・スペース」が関係しています。

パーソナル・スペースとは


個人(パーソナル)と空間(スペース)を組み合わせた言葉で「個人が心理的な安全を感じる空間」という意味を持ちます。

その空間には以下の4つがあります。

①密接距離(相手との距離が45cm未満)例:恋人や家族
②個体距離(相手との距離が45cm以上120cm未満)例:友人
③社会距離(相手との距離が120cm以上350cm未満)例:職場の人
④公衆距離(相手との距離が350cm以上)例:他人

電車で隣に座る人は多くの場合、赤の他人です。
赤の他人との適切な距離の目安は大人の身長一人分よりも広いです。

そのため、公共の座席に座るときは赤の他人がいきなり密接距離に入ってくるので緊張やストレスを感じるのです。


さらに、中央の座席に座ると両端にそのストレスを感じるため、半減できる端っこが一番人気というわけですね。


他の理由には、臭いや衣服や肌が密着するなど衛生面やいつもと同じ席にこだわりを持つなども言われますね。

両隣に挟まれるくらいなら立った方がいい!?

photoBさん

コーネル大学のゲリー・エヴァンスは都市部のラッシュアワー時の乗客に対し唾液の採取をしました。ストレスを表す唾液中のコルチゾールを調べたのです。

結果、2人掛けの席より3人掛けの席に座っている乗客はコルチゾールの値が高く、心理的に嫌悪感も強かったそうです。

両端に赤の他人が座る心理負担が強い事が分かりますね。

また、パーソナル・スペースの広さには性格的な特徴の違いもみられます。

パーソナルスペースが狭い人の特徴パーソナルスペースが広い人の特徴
・外向的で社交的、明るい性格
・自信をもっている
・物事への関心が強い
・異性の友だちが多い
・相手の気持ちに疎い
・穏やかで内向的な性格
・周囲が気になり、神経質で繊細
・自分に自信がない
・対人関係に不安がある
・密集するのが苦手

一般的なイメージとして、コーネル大学のある米国のニューヨーク州は社交的であり、日本は比べて内向的であることが多いです。

そのため、比較的日本人には強いストレスを感じるのではないでしょうか。

座席でスマホをいじったり、寝る人が多い理由

 電車の座席でスマホをいじったり本を読んだり、寝てしまう理由は侵害されたパーソナルスペースのストレスを回避するための行動と言えます。

誰もがスマホ依存症で疲れ果てているわけではなく、現実逃避というストレス回避行動になっていることが多いです。

なので、自らも意識を逸らせるような自分に合った方法で乗り切りましょう。


また、特に通勤ラッシュの時間に座席へ目を配ってみてください。
座席に座り、両隣と前方を囲まれた人達はスマホを見るか寝ているでしょう。

そして、立って四方を囲まれている人は相当なストレスを感じているのでトラブルに注意してください。

参考書籍

図解 身近にあふれる「心理学」が3時間でわかる本[内藤誼人]

心理学

図解

日常が面白くなる

コメント

タイトルとURLをコピーしました