当てはまったら要注意!ストレスを受けやすい人とは?

心理記事
acworksさん

こんにちは!介護健康心理カウンセラーの西本です。

今回はストレスを受けやすい性格についてお話しします。

 私たちは常にストレスに付きまとわれています。

悩みの9割は人間関係だからとためしに山奥へ移住してみても孤独というストレスがやってきます。
お金持ちになって不自由ない生活を手に入れても、どこか虚しさや悪い人が寄ってきます。

ストレスは切っても切り離せないので上手に付き合っていかなければなりません。
しかし、ストレスを受けやすいタイプと受けにくいタイプというのがあります。

ストレスを受けやすいタイプは精神的な苦痛に加え、多くの病気になりやすいこともわかっています。

この内容を知って自分がどんなタイプなのか見直すきっかけにしてみてください。
そして、ストレスと手を繋げる心を作っていけましょう。

ストレスを受けやすい人、受けにくい人

acworksさん

 アメリカの医学者のフリードマンとローゼンマンは循環器系の疾患患者に共通したパターンがあることを発見し分類しました。その分類がタイプAとタイプBです。
さらに、アメリカの心理学者リディア・テモショックは上記に加えタイプCを提唱しました。
分類の特徴を以下に解説します。

タイプA
  • 効率的な行動を好み、仕事にはまりやすい
  • 競争心が強く、目標に対する意識が強い
  • 周囲の評価を過剰に気にしてしまう
  • 早口で早足、早食いと行動が早い

これらに当てはまる人はタイプAの可能性が高いです。
向上心が高く野心的で、攻撃性を有した性格。血圧が高く心臓疾患の発症を招きやすいタイプ。
物事が気に障ってしまうため、自らストレスの高い環境に身を置きがちですが、ストレスだと自覚していることが少ないです。
また、ワーカーホリック(仕事中毒)や燃え尽き症候群になりやすいので注意。

タイプB
  • 過剰に仕事を抱え込まない
  • 穏やかな性格で周囲の出来事に過敏にならない
  • 周囲の評価を気にしすぎない
  • 家族や趣味などのプライベートを重視する

 これらに当てはまる人はタイプBの可能性が高いです。
マイペースで温和な非攻撃的な性格、ストレス性疾患にかかりにくタイプと言われています。
多少の芯がありますが、ストレス処理の能力が高い傾向にあります。

タイプC
  • 後ろ向きな考えが多く、負の感情が生じやすい
  • 物事に過敏で、人間関係で悩むことが多い
  • 従順的で自己主張が少ない
  • 他人のために自分を犠牲にする

 これらに当てはまる人はタイプCの可能性が高いです。
落ち込みやすい自己犠牲な性格で周囲に気を遣う我慢強いタイプと言われています。
人間関係からのストレスを感じやすいタイプです。

どのタイプに当てはまりましたでしょうか?

タイプAとタイプCの傾向にある人は要注意です。
タイプAの人はタイプBよりも2倍も心臓疾患にかかりやすいと統計で報告されています。

ストレス過多の環境は適応障害を招く危険もあります。以下に記事を張っておきます。

また、ストレスの受け流し方は以下の記事を参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました