ストレスの原因は笑顔!?楽しく働くコツと笑顔のメカニズム

 私たち日本人は学校や社会に出て「もっと笑顔で話しなさい。」と教えられてきました。


特に感情労働の対人職はこの教えが絶対で、感情に反して無理に笑顔を作ることにより感情が麻痺してしまい、笑う場面ではないのに笑ったり、笑顔がなくなるなど表情の乏しさが現れたりします。

実は、この教えこそがストレスを生むのではないか、という事が分かっています。


この記事では、ストレスを理解して働きやすい心持ちと笑顔の必要性をお伝えします。

目次

笑顔を見せない国がある

 笑っていないと仲間外れにされ、社会では評価を落とすこともあり、半ば笑顔を強制されるような社会で育ってきました。

実際に笑顔は人間関係を円滑にして、売り上げも向上するという側面があるからこそ、そう教えられてきました。


集団で生命や社会を維持してきた日本は特にこの考えに影響を受けています。


さらに、アメリカでは笑顔の接客をルールにしている場所もあるそうです。


しかし、笑わない国もあるという事をご存じでしょうか?


それは、ロシアやフランスなどです。

ロシア人やフランス人はサービス業で働いていてもあまり笑顔を見せません。

そこには笑顔に対する考え方と国民性の違いがあります。


ロシア人は、笑顔の作り方が違い、日本で言う笑顔は油断や下品、無礼と捉えられることもあるそうだ。ロシアでは学校で「なんで笑っているんだ」としつけられることもあるそう。


もともとの生存環境や宗教などの価値観、寒い気象性なども影響していると考えられています。


フランス人は笑顔の接客するというルールがなく、個人の意図で表情を変えています。

なので、接客中も笑顔は見せても見せなくてもよく、お客さんもそれを気にすることはありません。

笑顔がストレスになる理由

 FineGraphicsさん

 米国のペンシルバニア州立大学のアリシア・グランディは「接客中に笑わないフランス人」と「笑顔がルールのアメリカ人」のサービス業で働く人たちを比較する研究を行いました。

その結果、「笑顔がストレスになっている」という事が分かりました。



私たち日本人も怒っていたりつらい時に笑顔を振る舞うのは苦痛であると体感的にも理解してます。

その結果が分かった研究であると言えます。


では、明日から笑顔で働くのをやめていいかと言えばそうではありません。


実際に日本人がフランスに旅行へ行ってレストランで不愛想な対応を受けたとしたら、違和感や不信感を感じるでしょう。


そういう風習なので、強要することは出来ません。

自分が何かに対して嫌悪感を抱いたなら、それは誰かにとっても嫌なものでしょう。


ただ、このことを理解して感情を偽ったり、無理をすることがストレスなんだと知るのは大切です。


笑顔じゃない時間を作ったり、息抜きを増やしたりして負担軽減に繋げましょう。


そして、誰かが違うからと言ってすぐに自分の考えで人を判断しないようにすることも大事ですね。

「楽しいから笑う?笑うから楽しい?」笑顔のメカニズム

人はなぜ笑うのでしょうか?

私たちは、喜んだり悲しんだり怒ったりという感情をもった生き物です。

これらの基本感情は生物が生き延びるのに必要なものとして心も発達してきました。


仕事で嫌なことがあっても笑顔で乗り切り、悲しくたって笑って過ごしています。

誰もが表情の仮面をうまく利用して生きています。


でも、ごまかすことに慣れた私たちは、感情をコントロールできているのでしょうか?

それには感情の仕組みを知る必要があります。


感情の仕組みを理解すると、自分の心の整理や感情を理解に役立ち、相手の心の不調や気持ちがわかるようになります。

楽しいから笑う? 笑うから楽しい?

 感情のメカニズムには有名な古典的な説が2つあります。

「キャノン=バード説(中枢起源説)」と「ジェームズ=ランゲ説(末梢起源説)」です。

「キャノン=バード説(中枢起源説)」

 アメリカの生理学者キャノンがバードの研究に基づいてこの理論を提唱しました。


キャノン=バード説は一言で言うと「楽しいから笑う」というものです。


楽しいという感情があるから笑うという中枢神経系を軸に考えたものです。


この認知には4つの過程があります。

  1. 楽しいと思える事を体験する
  2. 脳の視床、視床下部を通る(情報の頭と身体への分岐点)
  3. 大脳皮質に情報が伝わる(感情を認知)
  4. 視床下部から骨格筋や神経へ作用(表情やリアクション)

ジェームズ=ランゲ説(末梢起源説)

 ジェームズとランゲの二人はほぼ同時期に独立して理論を提唱し、まとめて呼ばれています。

 
ジェームズ=ランゲ説は一言で言うと「笑うから楽しい」というものです。


この過程には3つがあります。

  1. 楽しいと思える事を体験する
  2. 楽しいと思える行動をとる(生理的変化)
  3. 大脳皮質に情報が伝わる(感情を認知)

これを見てどう思いますでしょうか?

多くの人は「楽しいから笑うんだから認知の方が先じゃないの?」と思われているかもしれません。

それもその通りだと思います。どちらが正しいのかは難しいところです。


実際に最近では口角を上げて笑顔に似た表情を作っていれば楽しくなるという研究も言われています。

しかし、このメカニズムを知っていると建前の笑顔の表情なども見方が変わってくるかもしれません。


よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

心理師ブロガー┃公認心理師,健康管理士,介護福祉士
有益な心理学を発信し、心と生活の豊かさを応援。
ご連絡は各SNSやお問い合わせからお願いします。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる