わかりやすい!介護系研修報告書の書き方(例文あり)


 社会人になると研修に行く機会があると思います。


新しい情報や知識を得て更なるスキルアップしたあとで最初に待ち構えているのが報告書です。



これを「書くのが嫌だ」と研修へ行くのをためらう人も居るくらい、報告書を書くのは難しい。


文章苦手なのに、上司に読まれるのも苦痛だと感じる方もいるでしょう。


さらに、業界によって独特な書式やルールがあったりして困惑します。


そんな方々へ、研修報告書の書き方は「とりあえずこうしておけばいいでしょう」というのをお伝えします。

目次

研修報告書の必要性

 「報告書を書く意味が分からない」という状態では手を付けることすらできません。


報告書を書く理由は主に3つだと考えます。

  1. 組織的な確認と把握のため
  2. 実施者の振り返りや学びへ繋げるため
  3. 内容拡散し他職員の学びや周知のため


これらのために研修内容のまとめを報告させ、どのくらい学びになったのかを把握するのが目的です。

なかには高額な研修や期間の長い研修もあったりします。


それを「金額負担するから行ってらっしゃい、帰って来てもその話はしなくていいよ」なんて組織としては許してもらえないでしょう。


そんなのは羽振りのいい親方か冷め切った夫婦関係くらいです。


報告書を書くうえで、理由を頭の片隅に入れておくと少しは取り組む意欲になるでしょう。

研修報告書の書き方

tom200さん

報告書の書き方の原則は以下の3つです。

  1. 読み手を意識した文章やレイアウト、適度な文字数
  2. 研修の目的と結果、効果(学び)を明確にする
  3. 問題点と改善点を書き出す


これらを踏まえて報告書が書けるとベストです。

では、例文を合わせて見ていきましょう。

一般的な研修やセミナーなどの場合は次のような書き方をしています。

ですが、業界によっては書式がすでに決められていたり独特な風土があります。



ちなみに、私の会社では上記の項目の1~6が本文外に枠づけされているので、8と9の内容と所感だけで1枚書き上げなければいけないです。(…正直なところ大変です)



なので、研修の最中は報告書用のメモを取るようにしてます。


報告書は別日の時間ができた時や夜勤の時に書いたりすることもあります。


そのため、キーワードだけでも控えて、そこから話を膨らませていけるようにしています。


内容を多く書かなくてはいけない方々はメモ必須です。

あとは、報告書の原則に沿って書いてみましょう。

(例)介護系シンポジウム

(例)介護系講習会


報告書を出す時に悩まされるのは現場の風土や組織体系です。


果たして提出した文章を読んで上司や組織は変わるでしょうか?



相手に伝わりやすく、考えに影響を与えるのは相当な文章力が要るでしょう。



分かりやすく簡潔に書いても文章量で判断されたり得意げに添削だけして満足する上司もいるので要注意です。



しかし、文章を一所懸命に考えたことは無駄ではなく、誰かの目に留まり協力してくれる場合もあります。



それだけでも評価になりえますので、あえて見せるような勢いで書くと丁寧に書けて、文章に気持ちも入ります。

報告書の書き方は見て学ぶ

 報告書を上手に書くには、人の文章を真似ることです。


その会社によって書き方の”型”があります。

そのため、初めて書くなら同僚や上司が書いたものを見せてもらうと良いでしょう。


ただし、文章の書き方には、原則があります。

  1. 不要な言葉を減らし、文章をシンプルに書く。
  2. 分かりやすい言葉や例えを積極的に使う。
  3. 適度に文章を区切り、改行することで読みやすさを配慮する。



私たちは、言葉を当たり前のように目にしますが、話したり書くことが苦手です。


それは、学ぶ視点を持っていないからです。


言葉は学ぶ意欲が無いと身に付きません。



公共機関の広告やテレビなどでは見た人を惹きつける「パワーメッセージ」が惜しみなく使われています。


今の時代は、プロが書いた文章を学ぶ機会が常に目の前にあるのです


なので、たまには周囲を見渡して使える言葉を探してみてはいかがでしょうか。



次の本は、社会人やビジネスパーソンに必要な文章の書き方のコツが集約されています。


実際のプロの文章術が詰まっている一冊なので、読んで真似するだけで洗練された文章が書けるようになります。

参考書籍

「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。

メール、LINE、チャット、SNS、プレゼン資料、報告書…… 「うまく書けない」「伝わらない」が一発解消!

いつでも、どこでも、どんな時にも役に立つ「書く力」を身に付ける。

「文章が得意」はメリットが大きい

 報告書の上手さは見た人へ知的な印象を与えます。

えっ、これ君が書いたの?

この子はすごい、大物になるわ



こんな風に、文章が書けるだけで一目置かれるようになります。


また、文章が得意になるとコミュニケーションも上手になります。


言葉選びや簡潔に伝えるという事ができるからです。


文章を分かりやすくまとめたり、話し上手になるという事は出世や円滑な人間関係に欠かせない要素でしょう。


そのため、身に付けるべき必須なスキルと言えます。




ぜひ、これらを学んで楽しく日々の生活を送ってください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

心理師ブロガー┃公認心理師,健康管理士,介護福祉士
有益な心理学を発信し、心と生活の豊かさを応援。
ご連絡は各SNSやお問い合わせからお願いします。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる