心が冷えると身体も冷える

失敗しない人間関係やコミュニケーションの心理学が分かります。

心無い対応やつまらないなど感じた際に、「冷たい」「寒い」と表現します。


実はその時、本当に身体が寒さを感じているのです。

カナダにあるトロント大学のチェン・チョンは、被験者を「拒否や拒絶などの経験を思い出させるグループ」と「親切や嬉しいなどの経験を思い出させるグループ」に分けました。

それぞれのグループに「現在の室温は何度ですか?」という質問をすると、次のような結果になりました。

「拒否や拒絶グループ」:21.44℃
「親切や嬉しいグループ」:24.02℃


心の状態によって体感的に約±3℃の違いが出るのは驚きです。


親父ギャグを聞いて「さむい」と表現しますが、それも本当なのかもしれません。

心の冷えとはなにか

fishcakeさん

「心が冷えると身体も冷える」ことが分かりましたが、”心の冷えの原因”はなんでしょう。


それは、精神的なストレスが原因であるといえます。


脳の疲労や緊張とも言い換えられます。


心の冷えは、心(脳)がストレスを受けることで神経が乱れたり、流れが停滞しているというイメージの方が近いかもしれません。

心の冷えによる身体への影響

TicTacさん

心が冷えると身体も冷えます。

それには、次のような影響があると考えられます。

  1. 自律神経やホルモンバランスが乱れる
  2. 脳や身体の血流が悪くなる
  3. 不定愁訴、不快感、抑うつ感を感じる
  4. 代謝や免疫の低下
  5. 人間関係の悪化

このように見ると重大な影響があるように見えます。


補足すると、親父ギャグにはここまでの悪影響はありません。

むしろ、場を和ませたり、思考の活性化に繋がる側面もあります。

しかし、嫌いな人の親父ギャグでは心が冷えてしまうのでしょう。



冷えは古くから万病のもとと言われ、科学的にも身体への影響が確認されています。


適度にリラックスして、ストレスを減らしたり解消する方法を見つけていきましょう。

参考書籍

世界最先端の研究が教える新事実 心理学BEST100 [ 内藤 誼人 ]

これからの時代に必ず押さえておきたい100の研究を厳選収録!

最新科学で人間の隠された本性を徹底解明!

「人の心」が面白いほどよくわかる!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ブロガー┃公認心理師、健康管理士、介護福祉士
有益な心理学を発信し、心と生活の豊かさを応援。
ご連絡は各SNSやお問い合わせからお願いします。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる