心を操る【香り・におい】の心理学

 いい香りは人に多くのプラス効果をもたらします。


例えば、次のようなシーンを想像してください。

良いにおいのお部屋にいる時

苦手なにおいのお部屋にいる時


感情の変化が想像だけでわかると思います。


においは人の気持ちをリラックスさせたり、元気にさせたり、時に人を惹きつけるなど人の感情や記憶に強く影響します。


香りやにおいは科学的にも心理学としても効果が認められています。


今回はそんな良い効果をもたらすにおい・香りの心理学についてお話します。


また、別の記事では臭いにおいに関する記事も書いています。

いい香りで人は親切になる!?

Hadesさん

 私たちは、いい香りのするところでは気持ちが良くなり、人に親切になりやすいという事が分かっています。


例えば、芳ばしい香りのコーヒー店や綺麗な花が並ぶお花屋さんなどでは気持ちがリラックスして、穏やかになっているでしょう。


しかし、本当にそうなのか?

次の研究ではそれを調べられています。

米国の連スラー・ポリテクニック研究所のロバート・バロンは、二つの場所で紙幣の両替をお願いしました。

「クッキーやコーヒーのいい香りがするお店の前」と「無臭の洋品店」です。

同性の歩行者に対して「すみません、お金の両替をしてもらえませんか?」と尋ねたのです。

結果は次のようになりました。

男女ともに、良い香りがする場所では親切な行為をしてくれることが明らかになりました。


さらに、男性よりも女性の方が良い香りのお店の前では親切になっています。

これには、女性の方が男性よりも嗅覚が鋭いことが影響してそうです。


2014年11月の米オンライン科学誌「プロスワン」で掲載された合同研究に、「女性の嗅覚細胞は男性の1.5倍」と報告がされています。

加齢臭や枕の臭いなど、男性が委縮するような話を聞きますが、これには嗅覚の違いによる影響もあると考えられます。


これらの結果から、人と関わる場所では良い匂いの芳香剤などを使用するといいでしょう。

買い物をしたくなる香りがある!?

Berutaさん

 デザインがおしゃれで機能的な商品はとても買いたくなりますよね。


でも、ふらっと見てただけなのについ気持ちが上がって買ってしまった商品などの心あたりはないでしょうか?


実は、人をポジティブにする香りがあり、実際にあらゆるお店で香りの心理効果を巧みに使って商売をしています。


この心理効果を調べたのが以下の研究になります。

カナダのライアソン大学のリチャード・ミッションは、ショッピングモールで香料を使い、「良い香りをさせた日」と「無臭の日」を設定しました。

香りはラベンダーとシトラスの2種類。

香りのある日は、10個の噴霧器で6分おきに3秒間噴射しました。

結果、いい香りがする日は「お客さんからのお店の評判や商品の評価が高まる」ということが分かりました。

さらに、この実験ではお店が混んできた時にシトラスの匂いは逆効果になる事が分かりました。


しかし、ラベンダーはそれに関係なくポジティブな作用があったそうです。


これには、次のような香りの効果が影響しているのではないかと考えられます。

十野七さん

シトラス系は集中力や記憶力を高め、気分を向上させる作用があります。

きくちまり(MarikA)さん

ラベンダーは、フローラルな花の香りと柔らかな印象でリラックス効果を与えます。


このように、あまり意識しないにおいにはこれらの心理効果がありました。


他にも、リラックス効果を高めて心身の健康に関わったり、運動や勉強の効果を高めたりなど、香りは多くの効果を秘めています。


いい香りが人間関係も良好にしますし、プレゼントにも喜ばれるでしょう。


ぜひ、自分に合った好みの匂いを見つけ、いろいろな場面で使ってみてはいかがでしょうか。



よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

心理師ブロガー┃公認心理師,健康管理士,介護福祉士
有益な心理学を発信し、心と生活の豊かさを応援。
ご連絡は各SNSやお問い合わせからお願いします。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる