名前を呼ぶ度に好感度は上がっていく!?

ビジネス

 名前を呼ばれると人は無意識に好意を抱いてしまう。


さすがに、呼べば呼ぶほど好感度が上がる訳ではないが対面やメール、電話で話をする度に名前を呼ぶことは有効だ。

できれば1度のやり取りで3回を目標に相手の名前を入れてみると良いだろう。

なぜなら、名前を呼ぶ回数がその人との付き合いの長さに比例しているからだ。

何度も呼び掛けることで、長い付き合いをしている友人や知人であるかのように感じるのです。


さて、今回は「名前を呼んだときの心理効果」について話をします。

この記事では、“あなたの信頼や好感度を気づかないうちに爆上げ”することができるかもしれません。

名前を呼ぶ実験

アラスカ大学のクリス・クラインクは、初対面の人に15分間の会話をさせるという実験をしました。
ペアの相手はサクラ(実験協力者)で、会話で「何度も名前を呼ぶグループ」と「一度も呼ばないグループ」で会話をさせました。

15分後に実験参加者へ相手の印象を尋ねると「何度も名前を呼ぶグループ」へは「フレンドリーな人だった」という評価がされました。
さらに、「また会いたいか」と尋ねると「はい」が多く聞かれたのです。

相手の名前を会話に入れるだけで親密感を感じさせ、また会いたいと思ってもらえる事が分かりました。

名前を呼ぶことは簡単にできるわりに、得られるメリットは大きいです。

名前を呼ぶときの注意点

Berutaさん

 名前を呼ぶメリットは大きい事が分かりました。

gontyanさん

しかし、名前を呼ぶときは注意しなければならないことがあります。

これをすると、すべての努力を台無しにしてしまう可能性があります。

それは、名前を間違えないことです。


名前を間違えられることは、相手にとって不愉快であり、不信感を与えてしまいます。

メールで送る場合には、「齋藤」を「斉藤」にしたり、「髙木」を「高木」と誤表記してしまわないよう注意しましょう。

漢字の間違いをこだわる方はこだわります。

「サイトウ」という漢字に関しては次のような一説もあります。

具体的には「齋藤」は旧字体で書いてしまったパターンで、「齊藤」は旧字体の書き間違い。そして「斉藤」は本来の「斎藤」の書き間違い、というのだ。

https://toyokeizai.net/articles/-/65709?page=2

これを知っていると、「間違った漢字を送られた」と受け取られてしまう可能性があります。





コメント

タイトルとURLをコピーしました