無気力にする行為は「何でもやってあげる」こと

介護記事

こんにちは、介護健康心理カウンセラーの西本(@masacounselor)です。

 医療福祉の業界は一般に「優しい」「お世話好き」などのイメージがあると思います。

実際は必要以上に「何でもやってあげる」わけではありません。

それは「持てる能力を維持・向上するため」ですが、心理学的にも過度にお節介をしてしまうとその人が無気力状態になってしまう事が分かっています。

一見突き放して見えても、そこには優しさが隠れているかもしれません。

この記事では、医療介護に対する理解を深めることができます。

任せると元気になる!?

イエール大学のジュディス・ロディンは老人介護施設で実験をしました。

もともと介助を全部やってあげていましたが、高齢者自身でやってもらうように促していき、出来ない部分の介助をする方法に切り替えました。

結果、18か月後には高齢者のADLが上昇し、散歩や片付けなど自発的な活動がみられるようになりました。
また、高齢者の社交性も上がり、死亡率も25%から15%に減ったというのです。

子どもやお年寄りの自主性を大切にする

 現代の医療福祉の現場では、患者や利用者の自立・主体性を大切にするのは基本です。

先の研究がいつ頃のデータかはわかりませんが、何でもやってあげるのは「本当の優しさ」ではない事が分かります。

ついつい、子どもや高齢者を見かけると親切心から過度に介入しすぎてしまい、役割や自主性を奪ってしまいがちです。

「必要なところを手助けする」という気持ちを常に持ちながら接する必要があります。

こういった倫理や見極めはその人の家族や本職にしている人たちの本領でしょう。

多くの葛藤も生じますが、適度に行う事はとても大切です。

最近は、電車で席を譲る行為などに対して世間では葛藤がありますが、基本的に優しくすることは良いことです。

その行為に対して、一般の人に相手を高度に見極めることまで要求するのは行き過ぎていると思います。

しかし、「本当の優しさとはなにか」を一度は考えることは大事ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました