知って得する!人生を変えるコミュニケーション心理術〈聞く力編〉

心理記事

前編はこちら↓

第5章 コミュニケーションに必要な能力

 コミュニケーションはゴルフと同じく、メンタルが重要です。

辛い時、落ち込んだ時は相手のために話をうまく伝えることができません。

なので、会話を意識する前に自分の精神状態を良く知ることは大事です。
次の記事はメンタルを整える考え方について書いてます。

・自分を見失わない考え方【承認・アンガーマネジメント】

・ストレス解消の方法

精神状態を整えた後はどうしたらいいでしょうか。
実際に会話している時は求められる能力に大きな違いがあります。

画像1

簡単に言うと伝える力が言語的聞く力が非言語的と言えるでしょう。

どちらも大事なんですが、コミュニケーションの用途によって鍛える部分が違います。
例えるなら以下のような組み合わせです。

・会議やプレゼンで上手に話したいのであれば
 「交渉力+語彙力+表現力」

・職場の人間関係を良くしたいなら
 「雑談力+傾聴力+理解力」

求めている状況に応じて伸ばす能力を組み合わせていく必要があるんですね。

これら全てを鍛えるのには相当な努力と時間が必要になるので、まずは今自分にとって必要な能力や得意な分野から伸ばしていきましょう。

能力はひとつでも身に付けば自信に繋がり、会話をプラスに捉えることができます。

画像26

能力とはあえて別にしますが「性格」も大きく影響します。

性格は生まれ持った部分がありますが、人前で振る舞う自分は意図して変えることが出来ます。
こちらの記事を参考にしてみてください。

【対人援助職必見】性格を変えて別人を演じる人


また、性格と言えば元気が良くて一般的に”ノリがいい”と言われる人たちは話が上手な印象がありませんか?

外向性を持った性格は社交的に振舞うことに向いているのです。
あとは単純に話す回数をこなしているからです。

コミュニケーションを上達するには人と話す回数は多い方が良いです。
ですが、焦る必要はありません。

話すことが苦手な人でも、話せる相手との会話から回数をこなしていけばいいので、家族や友人など身近な人と会話を行って下さい。

少しづつ慣れてきたら自信も付くので、家族や友人以外にも自ら声を掛けてみましょう。

ある程度話せる人も言葉を意識した話し方と話しかけてもらえる姿勢に意識して行ってみて下さい。
慣れたら自然と言葉や態度で出てくるようになります。

成功体験を得る事はコミュニケーションに置いてとても大事な要素になります。小さい成功をひとつずつ、着実に実力を付けて行くのです!

画像41
『第6章 コミュニケーションの始まりは「聞く力」』➠ NEXT

コメント

タイトルとURLをコピーしました