当てはまる?3つの個性タイプ

心理記事
acworksさん

こんにちは、介護健康心理カウンセラーの西本(@masacounselor)です。

 「すべての悩みは対人関係の悩みである」
”アドラー心理学”で有名な心理学者のアルフレッド・アドラーはそう言いました。

この一文だけでは批判を生んでしまいますね。
でも、人間関係は悩みの中でも大きなものであることは確かです。

社会に出ると様々な人と接します。相性が合わないと思う人もいるでしょう。
しかし、そういった人とも接しなきゃいけない時があるものです。

そんな時に分析の目安として役立つのが今回お伝えする3つの個性のタイプです。

この記事は、対人関係のツールとして役立つ内容になっています。

3つの個性タイプ

acworksさん

 人の個性を分かりやすく以下の3つのタイプに分けることができます。

  1. パーソナリティ重視タイプ
  2. パフォーマンス重視タイプ
  3. ブランド重視タイプ

それぞれが違う価値観のもと、考えや行動を決めています。
なので、それぞれを理解するとコミュニケーションが円滑になります。
以下に、特徴を解説していきます。

①パーソナリティ重視タイプ
基本タイプ
  • 相手の人柄を重視するタイプ。能力や経歴などは二の次。
  • 買い物で求めるものは品質がイチバン。
  • 決断において「この人が良い」という人情を強い動機にする。
  • 目に見えない信頼や愛情、人脈などに価値を置く。
特徴
  • 争いごとは嫌い、笑顔が多く穏やか、周囲への気配りを欠かさない。
  • 積極的に役割を引き受けることがある。
  • 嫌いなもの、意に反することは頑なに拒否する。
  • 自分の中で納得するまで行動が手につかない。
接し方
  • 人柄を褒めたり評価すると距離が縮まる。
  • コミュニケーションや共感を重んじる。熱心に話を聞く姿勢に好感や信頼を寄せる。
  • 信頼感が大事なので人の裏側も気にする。誠実さな態度でいることは大事。
②パフォーマンス重視タイプ
基本タイプ
  • 効率的で無駄を省き、早さを求めるタイプ。
  • コストパフォーマンスに厳しく、数値などに換算し客観的に判断する。しかし、決めた者には大きなお金や時間をかけることがある。
  • 目に見えるモノや財産を重視し、増やすことに目的を置く。
  • 負けず嫌いで向上心があり、成長欲求が強い。ライバルと切磋琢磨し成績や成果を伸ばす。
特徴
  • 話をしていても相手に向き合い、単刀直入で真剣に話す。
  • やりたい事や仕事に熱心で結果を求める。
  • お金を大事にして、貯金や投資に回す。
  • 勉強や自己投資を熱心に行う。
特徴
  • 話を事前に整理して、明確に伝えることが大事。
  • 話の論理や一貫性を端的に伝えると話が弾む。
  • 褒める時は成果など評価点を明確に伝えることがコツ。
    相手の裏を考えるため大げさに褒めず、サラッと伝える。
③ブランド重視タイプ
基本タイプ
  • 褒められて調子に乗るタイプ。人前で褒められるともっと喜ぶ。
  • 権力・威厳・資格などに価値を見出す。大企業や組織、地位が大好き。
  • 束縛を嫌い、場をコントロールする権力を求める。
  • 内心で不安感が強く、安心できない環境では心のバランスが崩れる。
特徴
  • 身振り手振り、リアクションが大きい。
  • 褒められると喜び、人前で褒められると快楽を感じる。
  • 自分の趣味や関心は熱心に語るが、人の長話は嫌い。
  • 面倒を避け、意味がないと感じた事には消極的。
  • 自分のペースで進めることを好み、遮られることは嫌い。
接し方
  • とにかくおだてることが有効。ヨイショされることで関係性が出来上がる。
  • 頼み事は目立つ内容や場面で起用すると良い。行動力と意欲は強いので簡単明快なことを任せると活躍する。
  • 相手から頼まれたら即レスポンスが大事。期限や可否ははっきりさせておくこと。

それぞれの見分け方

 怒りっぽい人が「もっと優しくなれないかなぁ」と思ったり、気弱な人が「もっと明るい性格になりたい」など、人それぞれに”理想の自分”があると思います。

理想の自分になりたいと振る舞っている場合、この個性は表面に出てこないことも多くあります。

そのため、先ほどの特徴は内面に隠れている状態になります。

しかも、それぞれの特徴を複数あわせて持っている場合も多く、きれいに当てはまることは少ないでしょう。

盲信することは危険ですが、誰しもがこのような特徴を持っていると思います。

身近な人で見極めて、慣れたら傾向を掴むのに使っていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました