好かれる人はメールの返事が早い

ビジネス

 相手は話の答えを待っています。

「返事が早い」というのは好かれる上司や人気のある人、デキる人の条件と言えます。


メールが来たり、質問をされたならせめて、当日中には何かしらの返答をしておいた方が良い。

待たせてしまうならそのことを後回しにせず、伝えてあげる方が良いだろう。

なぜなら、「待つことへの退屈やイライラがあなたへの印象に変わってしまう」からだ。

好かれる上司の特徴

 「メールの返信スピードが遅いと、相手は不満を抱きやすい。」

これは、コロンビア大学のダンカン・ワッツがマイクロソフト社の社員を対象にした分析で明らかにしています。

マイクロソフト社は誰もが聞いたことはあるだろう。
米国の巨大IT企業であり、国を代表するIT企業であるGAFAM(Google、Apple、Facebook、Amazon、Microsoft)の一社として知られている。


ワッツによると「好かれる上司は部下からのメールの返信が早い」という特徴があるという。

同時に、上司だけではなく周囲から人気の人やかわいがってもらえる部下の特徴でもある。


“返信が早い”という事は信頼感に繋がります。


例えば、プレゼンの時に質問をした場合を想像してください。

「ちょっと、すいません。えーっと。」と書類をガサガサしていては周りから不安に思われてしまいます。

返事の早さが信頼や安心を与え、好感に繋がっていきます。

実際に、楽天などの日本の有名な企業では、早い対応ができるようシステム化しています。

好かれる恋人の特徴

 男女ともに好かれる恋人は返信が早い、というわけではありません。恋愛においては返信の早さは別物です。

見るべきポイントは言葉遣いや文章、絵文字など内容の丁寧さです。


しかし、返事を求められている事やデート後の感想などは早い方が好印象です。

たまに、「あえて遅くする」という事がありますが、”あえる”必要はありません。

待たせたことによる不満や不安感があなたへの印象に変わってしまいます。


なので、そんな博打テクニックを使わずに、基本は相手の返信速度に合わせることが大切です。

どうしても返信が遅れる時は、「ポジティブな内容の場合」か「気にしない相手」のときにしましょう。

あと、LINEのスタンプなども基本は相手の使い方に合わせると良いでしょう。

参考書籍

直接会わずに相手を操る超心理術 [ 内藤誼人 ]

「非対面型・心理交渉」の秘訣

会ってないのに好感を持たれる

心理実験で判明した裏ワザ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました