ストレスの原因は笑顔!?笑う、笑わない国民性

ビジネス
acworksさん
筆者
筆者

介護健康心理カウンセラーの西本です。
今回は笑顔とストレスの関係について国民性を交えて書いていきます。

 私たち日本人は学校や社会に出て「もっと笑顔で話しなさい。」と教えられてきました。
特に感情労働の対人職はこの教えがゼッタイで、感情に反して無理に笑顔を作ることにより感情が麻痺してしまい、笑う場面ではないのに笑ったり、笑顔がなくなるなど表情の乏しさが現れたりします。

実は、この教えこそがストレスを生むのではないか、という事が分かっています。

この記事では、ひとつのストレスを理解して働きやすい心持ちと笑顔の必要性を考え、皆様にお伝えしたいと思います。

笑顔を見せない国がある。

 冒頭で話したように笑っていないと仲間外れにされ、社会では評価を落とすこともあり、半ば笑顔を強制されるような社会で育ってきました。

実際に笑顔は人間関係を円滑にして、売り上げも向上するという側面があるからこそ、そう教えられてきました。

集団で生命や社会を維持してきた日本は特にこの考えに影響を受けています。
さらに、アメリカでは笑顔の接客をルールにしている場所もあるそうです。

しかし、笑わない国もあるという事をご存じでしょうか?
それは、ロシアやフランスなどです。

ロシア人やフランス人はサービス業で働いていてもあまり笑顔を見せません。
そこには笑顔に対する考え方と国民性の違いがあります。

ロシア人は、笑顔の作り方が違い、日本で言う笑顔は油断や下品、無礼と捉えられることもあるそうだ。ロシアでは学校で「なんで笑っているんだ」としつけられることもあるそう。
もともとの生存環境や宗教などの価値観、寒い気象性なども影響していると考えられています。

フランス人は笑顔の接客するというルールがなく、個人の意図で表情を変えています。
なので、接客中も笑顔は見せても見せなくてもよく、お客さんもそれを気にすることはありません。

参考元:「ロシア人が笑顔を見せない10の理由」 https://jp.rbth.com/arts/2013/11/29/10_46227

表情に関する心理学はこちらの過去記事から↓

笑顔がストレスになる理由

 FineGraphicsさん

 米国のペンシルバニア州立大学のアリシア・グランディは「接客中に笑わないフランス人」と「笑顔がルールのアメリカ人」のサービス業で働く人たちを比較する研究を行いました。

その結果、「笑顔がストレスになっている」という事が分かりました。

私たち日本人も怒っていたりつらい時に笑顔を振る舞うのは苦痛であると体感的にも理解してます。
その結果が分かった研究であると言えます。

では、明日から笑顔で働くのをやめていいかと言えばそうではありません。
実際に日本人がフランスに旅行へ行ってレストランで不愛想な対応を受けたとしたら、違和感や不信感を感じるでしょう。

そういう風習なので、強要することは出来ません。
自分が何かに対して嫌悪感を抱いたなら、それは誰かにとっても嫌なものでしょう。

ただ、このことを理解して感情を偽ったり、無理をすることがストレスなんだと知るのは大切です。
笑顔じゃない時間を作ったり、息抜きを増やしたりして負担軽減に繋げましょう。

そして、誰かが違うからと言ってすぐに自分の考えで人を判断しないようにすることも大事ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました