ネガティブメッセージは現代の毒

HSP、繊細さん


こんにちは、心理カウンセラーの西本(@masacounselor)です。

 ネガティブな情報は人を殺します。

インターネットが普及して、科学も発展してきました。


誰もが情報を共有することが出来るようになり、現代のSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)では口コミが飛び交っています。


私たちは普段から何気なくSNSを使っています。


感情を共有して心の支えになることもあれば、不安をあおり人をけなすような言葉も目に入りやすくなっています。


そういった間違った情報を受け取ると、毒となり「突発的な急性毒」や「徐々に蝕む慢性毒」となって心身に影響します。


そうならないために、ネットを理解して無毒・解毒化する必要があります。

この記事では、インターネットを使う方やSNSで傷ついたことがある方にとって有益な内容とその対策をお伝えします。

SNS、口コミの影響力

bBearさん


 SNSや口コミが私たちに与える影響を考えたことはありますか?

<ruby>阿折 早美<rt>あおり はやみ</rt></ruby>
阿折 早美あおり はやみ

「まだやってないの!?もったいない!!」

<ruby>割高 数子<rt>わりだか かずこ</rt></ruby>
割高 数子わりだか かずこ

「今のままで不安が尽きないアナタ。それ、見直しませんか?」


あらゆる方法で当然のように目に入ってくる広告。


最近ではSNSや口コミの方が信用度や拡散力が高いとされ、広告として利用される機会が増えています。



SNSの新規利用者獲得の広告活動の効果研究では、メディアを介したPRやイベントの効果は数日しか続かないのに対し、口コミの効果は3週間続くことが示唆されてそうです。



かつてインターネットが普及する前、カッツとラザースフェルドは口コミの影響力を次のようにしました。

  • ラジオ広告の2倍
  • 対面販売の4倍
  • 雑誌広告の7倍


口コミにはこれだけの威力があり、この膨大な情報がネットを介して伝わってきます。

実際に、飲食店を選ぶのに38%の人が口コミ情報を参考にしていたり、映画の興行収入は口コミの影響が強かったりと影響を受けています。

【SNS・口コミの特徴】

  1. 対面よりも不特定多数に発信ができるため、拡散力が高い。
  2. SNSや口コミを介して、情報は記録に残るため、影響力が継続する。

否定的な情報は脳に毒

SunnysideStudioさん

 SNSや口コミで肯定と否定の情報を比較すると、否定的な情報の方が影響します。


これは、シュバリエとメイズリンがアマゾンとネット書店の調査により☆5つのレビュー”より”☆1つのレビュー”の方が影響が大きいことがわかっています。


そもそも、生物的に人は危険から身を守る機能が備わっているため、ネガティブな情報に敏感なのです。


このような否定的な情報に反応しやすい脳のクセ、「ネガティビティ・バイアス」が働くと言われてます。


マーケティングでは”口コミ戦争”とも言えるくらい、営利的・作為的に口コミを行うところもあります。


それを私たちは目にすることになります。


そのため、情報の「取捨選択」や「断捨離」をして、適度に不安をフィルターにかけていく必要があります。

いらない情報の選別と断捨離

 今までSNSや口コミの影響について話しましたが、だからと言って「ネットはやめよう」とは言いません。



SNSは適切に使えば勉強や心の支えになるツールですし、正しい口コミを見て美味しい食事やプレゼントの参考にするのだって良い事です。


なので、「良いとこは残して悪いとこは捨てる」という情報の取捨選択し、断捨離をしましょう。


ただ、思い立って捨てられるものもあれば、無くてもいいのに捨てられないものもあると思います


そういう方のために、『カル・ニューポート 著 デジタル・ミニマリスト 本当に大切なことに集中する [ 楽天 AMAZON]』から成功率が高く、必要な部分だけを残す方法をお伝えします。


方法は次の3つです。

  1. 30日間SNSやアプリを使わないようにしてみる。(仕事などに必要なもの以外)
  2. この30日間に楽しいやりがいのある活動や行動に取り組む。(勉強や趣味を行う)
  3. 30日経ったらまた生活に必要だったSNSやアプリだけ再導入。(自分にプラスになるものだけ)


最初は空いた時間や慣れから物寂しさや不安を感じることはありますが、徐々に落ち着いてきます。


いま、ネットで心を乱されているのであれば、ぜひ試してみると良いと思います。

参考書籍

ビジネス心理学 大全

ビジネスに必要な50の心理学

上司なら必ず読む一冊

スキルアップに役立つ必携本

コメント

タイトルとURLをコピーしました