夫婦の顔はなぜ似るのか?

心理記事
acworksさん

こんにちは、介護健康心理カウンセラーの西本(@masacounselor)です。

 長年連れ添った夫婦の顔つきは似てきます。

ご高齢の方と関わる仕事をしていると兄弟のように顔や雰囲気が似ている夫婦を見かけます。

血のつながりはないのに、なぜでしょうか?

今回はその不思議を心理学的に解説していきます。
ぜひ、話のネタにしてみてください。

夫婦の顔は徐々に似てくる!?

 夫婦の顔が似ているかの調査がありました。

ミシガン大学のロバート・ザイオンスは、結婚してから25年以上連れ添った夫婦のお互いの写真と、25年前の写真を110名の大学生に見せて似ているかを調査しました。

結果、25年前は似ていないという評価が多かったのに対し、現在の写真は似ているとの回答が多く見られました。

似ているのは同じ感情を抱くから!?

acworksさん

 夫婦の顔が似てくる原因は、同じ感情を共有することにより、表情の作り方が似てくるからです。

夫婦は同じ時間を過ごすことが多いので、楽しい場所に行けば笑顔になるし、ケンカをすれば不機嫌になります。

感情を共有することが多く、それによって表情筋の使い方が似てくるので、顔が似ると考えられています。

また、同じ感情を持つ機会も増えると雰囲気も似てきます。

表情と雰囲気は人の印象を評価するのに大きな影響を与えます。

そもそも似ている顔の人を好きになる!?

acworksさん

 人は好意を抱く時、自分に似ている人を好きになると言います。
その理由は、似ている顔には「類似性の法則」が生じるからです。

類似性の法則とは、考え方や環境、見た目など似ている部分があるものに関して親近感を抱く作用を言います。

似ている人と付き合う事は、ストレスが少なく付き合えるという印象を無意識に生じさせます。

一緒になる前から似ているなら、長年連れ添っても似ているのでしょう。

ペットの表情も似てくる!?

 実は人間でだけでなく、ペットの表情も似ると言われています。

 カリフォルニア大学のマイケル・ロイは45名(男性21名、女性24名)の飼い主とそのペットの写真をランダムに混ぜ合わせ、飼い主とペットの組み合わせを答えてもらいました。

結果、純血種の犬の場合は、16組/25組と64%の正答率でした。
非純血種では7組/20組と35%の正答率でした。

実は、ペットに関してももともと似ているペットを好きになります。
これは、先ほどの類似性の法則で説明できるでしょう。

顔が似ている夫婦が多いのは本当か!?

 福祉に関わっているといろいろな老夫婦と接します。

怒るタイミングや表情がそっくりな人もいれば、ニコニコして穏やかな夫婦からさまざまです。

福祉の現場で働き、多くの老夫婦と接してきましたが、夫婦で似るのはあながち間違ってはいないと感じます。

そして、出来れば穏やかでニコニコしたお年寄りになりたいと願うものです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました