健康を考える【健康】

健康記事

あなたにとっての健康や不健康とは何ですか?

病気にかかっていない事が基準になっていないでしょうか?

『病気にかかる』

それはもう目に見えて身体が蝕まれた後かもしれません…

1.健康とは

 「健康であることは単に病気でない状態を指すわけではない。」

WHO(世界保健機関)では『健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあること』

健康意識が高まる現代において身体以外にも心が健康であることはご存知かもしれない👨‍⚕️

社会的に健康な状態とは、学校生活や会社、家庭、友人関係など自分が属する集団においてストレスが少なく、居心地が良いか悪いかという事をいいます😊
いじめや負担などストレスが高い状態は社会的に不健康だという事です。
だからと言っても、孤独は決して良い状態とはいいがたいです😑
複数の研究では孤独が大きなストレスになることも報告されています。

全てが満たされた状態というのに引っ掛かる方も居るかもしれません。
満たされているというのはそう感じていなくても大きな問題はなく、トラブルも自分で制限できるレベルにあることです👆

❝健康は最大の投資❞という言葉を最近耳にします。
病気の時の医療費等や健康を害して失った時間と経験を考えると健康を予防する事は大きな資産に繋がるという意味です👳‍♂️

確かにその通りかもしれません。
人それぞれ、生まれた時から健康であるという状態にも違いがあります。
当たり前に過ごしている時間も人によって違いがあるという事を改めて認識する必要があるかもしれません🤔

2.病気であるということ

「病気とはあなたにとってどんなものでしょうか?」

病名は身体がその状態にある事を指しますね。
では、あなたは病名をどのように捉えればいいのでしょうか?

病名を付ける事で医療チームが治療の指針や情報共有したり様々な事に役立ちます。
忘れてはいけないのが、自分が病気を認識する大事な要素になるという事です。
これを、病識と呼びます。

病識が低い人は治療に必要な事を守れなかったり、時には悪化するような事もしてしまうのです😣
単に病気という言葉は負のイメージでレッテルを付けずに、状態を適切に認識するために必要なものなのです🧐
認識する事がスタートを切った状態で、理解はその先にあります。

○○病だからダメなんだと自分を否定するものではない事を知って下さい。

健康ならば健康である状態を認識して、それを継続できる時に健康だと言えるのではないでしょうか🤨

3.どうすればいいのか

健康に関する情報は非常に多くあります。間違った情報も存在します。
さらには、自分に合っているかどうかも関わってきます。

それを踏まえて良い情報を見つけるのは相当苦労が要ります😥
なので、多くの人に当てはまる良質な情報を実践していくのが良いでしょう😀

良質な情報には以下の特徴があります。

  • 根拠が十分に示されている。
  • 客観的に評価されている。
  • 信頼できる発信元である。

例えば、「砂糖をとると体に良い」という情報があったとします。
①砂糖が健康に繋がる根拠を医学や統計学を用いて評価しているか?
②なぜいいのかをその人の思いだけでなく多くの点で評価しているか?
③それを語る人は専門家などその事情に精通している人かどうか?

専門家の間でも意見が食い違う現代では情報を集め、こういった視点で冷静に見る事も必要です🙄
そして、自分が判断する事も必要になるので、考えておくことが必要になります😐

これを聞いて「いや、政府も専門家も間違ったことをいう奴いるよ。」と思う人もいるでしょう。
ただ、それはすべてに言えることです。

私を含めネットにある数ある情報のうち鵜呑みにして盲目的に信じるのは危険です。
だからこそ、情報を収集して選別するんです。

4.未来の自分はどんな姿をしているか。

ひとつひとつが未来の自分を作ります。
今回は健康を題材にしましたが、この話はなににでも通ずるものだと思います。
意識して自分で学び、実践していく。
そうして少しづつ理解していきます。

誰も失敗しない人は居ないし、初めから知っている人もいませんから。
今日を含めて少しづつ変わっていきましょう😊

明日の自分がもっと良くなりますように✨

コメント

タイトルとURLをコピーしました