自分の知らない自分「ジョハリの窓」(非売品)

心理記事
ボノモさん

こんにちは、介護健康心理カウンセラーの西本(@masacounselor)です。

 理想の自分ってあると思います。
理想な自分を振る舞っているのに、周りの人は違う印象を持っている…。

それ、もしかしたら自分と周囲では見え方が違うのかもしれません。

自分では頑張って明るく振る舞っているのに、周囲からは「あの子暗いよね。」と言われたり。

でも、見え方が分かると客観的になり、周囲の印象も変わるかもしれません。

そんな、自分と他人の見え方を分かりやすくしたものが「ジョハリの窓」です。

この記事ではそれを解説していきたいと思います。
ちなみに、「ジョハリの窓」は介護福祉士の試験でも出題された事のある内容です。

「ジョハリの窓」とは?

 アメリカの心理学者ジョセフ・ルフトとハリー・インガムが発表した「対人関係における気づきのグラフモデル」であり、二人の名前を合わせて「ジョハリの窓」と呼ばれるようになりました。

人には4つの自己があり、以下に図式化したものが「ジョハリの窓」です。

ジョハリの窓は人間の自己を格子窓のように例えたものです。
それぞれの枠のように4つの領域があるとしています。

  1. 開放領域:他人と自分の両方が知っている部分
  2. 盲点領域:自分は知らない他人は知ってる部分
  3. 秘密領域:自分は知ってる他人は知らない部分
  4. 未知領域:どちらも知らない未知の部分

自分の性格に悩む人は自己開示力を高め開放領域を広げることが大切です。

また、自分の知らない部分に気付き、指摘してくれる存在大切にしたり、未知の領域の可能性を広げて行くこともできます。

「ジョハリの窓」は自己覚知のひとつとして有効です。
悩みを整理したい時は書いてみると良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました